クローゼットは人生とリンクしています。モヤモヤしている人はクローゼットを整理しよう。

こんにちは。長部愛です。

七夕ですね〜
今日は実家でご飯を食べる日。
今年に入って夫と二人で
月一回はお互いの実家に帰ることにしています。

家族との時間、夫の笑顔。
私にとって大切なことをちゃんと大切にするために。

みなさんの大切にしたいことは何ですか?

クローゼット整理をリクエストのお客様から
こんなメールをいただきました。

「クローゼットって生き方とか
働き方とかプライベートを表すでしょ?
本当に必要なものとそうでないものを見極めたいんです。」

おおお!厚みのあるお言葉。
そしてよく分かっていらっしゃいます。

そう、クローゼットと人生はリンクしている。
というのは私も常々感じています。

洋服にまみれていた時代の私の家は
それはそれはひどいものでした。
まずはクローゼットが
その役割を果たしていなかったですからね。
ただの物置。涙

友達もこないし荒れ放題。
誰かが来たいと言っても
1週間ほど時間をいただかないと無理(どんな家だ)

夫と付き合い始めても
片付ける暇もないし
一度も家に呼んだことがありません。笑

当時の私は
楽しかったですけど
しっちゃかめっちゃかな生き方してました。
まず家にいたくなかったですから
何と言っても気持ちが落ち着かなかったんですよね。

夫と暮らすようになって
いつも綺麗にしている部屋の居心地の良さを
改めて知りました。
彼のクローゼットは
ハンガーもちゃんと買い揃えられていて
ぴっちり収まっています。

毎日目にするものがキレイな状態であるって
ものすごく気持ちが良いんですよね。
驚きました^^;

そんなこんなで自分のワードローブを減らし
夫と同じクローゼットを使うようになって3年。
見違えるようにすっきりしたクローゼット。
すると、なぜか思考もクリアになってきたんですよね。

両手いっぱいに持っていた
いらない荷物を下ろして
スペースができたというか。
余白ができたんですね。

クローゼットの余白は心の余白。

それからの私は
自分はどう生きていきたいのか。
自分にとって何が幸せなのか。
何が大切なのか。
を見つめ続けて会社をやめる決断に至るのですが。

もちろんちょくちょく乱れます。
もともと片付けられない人間ですから。
(夫が私の性質についてブログを書いてます。笑)

Osabe夫婦の妻は片付けが苦手です。夫である僕は得意です。 妻が片付け苦手でも夫が得意であれば問題ないと思います。 お互い補う関係の方がパートナーシップは上手くいくのかもしれません。

その乱れたクローゼットを
見て見ぬふりしている時は
「ああ、自分のことほったらかしにしてる」
と感じます。
そんな時はだいたいやさぐれております。

気持ちのモヤモヤ、頭の中のグルグルを
わかりやすく見せてくれてるのがクローゼットなんですよね。

そこに手をつけるかどうかは自分自身に正面から向き合えるかどうか。
つまり自分を大切にしているかどうか。

これ、恐ろしくリンクしております!

私のクローゼット整理は
捨てる、ものを減らすのが目的ではなく
クローゼットと向き合うことで
自分と向き合っていくんです。

自分を大切にするって何すれば良いの?
という人はクローゼットを整理することから
始めると簡単かもしれませんよ。
行動した結果がわかりやすいですからね。

今でも私は月イチで自分の
クローゼットを見つめてます。
棚卸しのつもりで。
不思議と大切にしてるものは
日々日々変わっていきますからね。

ファッションやクローゼット整理でお悩みの方

まずはファッションカウンセリングを受けてみませんか?

お申し込みはこちら

長部愛

毎日クローゼットを開けるのを楽しくなる人が一人でも増えれば良いなと思い活動しています。
プロフィールの詳細はこちら

シェアする

フォローする