ブログの名前にセレンディピティなんてかっこいい単語を付けた理由

こんにちは。長部愛です。

Serendipity(セレンディピティ)という言葉をご存知ですか?

セレンディピティ(serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。

また、何かを探しているときに探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。

Wikipediaより

響きが良いのと意味が素敵だったので聞いてすぐにブログのタイトルにしよう!と決めました。

教えてくださったのは広告プランナーの加来幸樹さん。

その日のことを夫婦ブログの方に記しています。

「わたしの30分、売りはじめます。」というタイムチケットというサービスを使って相談してみました。

私は結婚を機に自分の服を95パーセント処分し、残した服で着まわしをする生活になりました。

すると改めて、自分が選んだ洋服が予想以上に「優秀」なことに気づくようになりました。

洋服の種類は無いからこそ
工夫して着こなさなければいけない。
脳みそはフル回転。
今までやらなかったことをどんどん試します。

そうすると
「意外といける!」
「こんな風にも着られるのか!」
「こんなシーンにも行けるなんて!」
と新発見が続きました。

「なんてあなたたち優秀なの❤️」と
クローゼットの洋服たちを誇らしく思いました。

この発見は洋服にまみれて生活してきた中では感じてきたことのないもの。

自分の目に狂いはなかった、という自信。

そしてこんなにも着回しが浮かぶくらいのスキルを仕事で身につけていたという自信。

嬉しかったですね〜

新しいものを買い足してないのに自分のクローゼットで喜びを見出せるってすごい。

本当に好きな洋服だけを持って自分らしく毎日ファッションを楽しむ方法。

これを教えて欲しいという友人たちにだけ、こっそり伝えていたんです。

持ってるものは一緒なのに毎日がワクワクする!
着回せないと思ってたものがこんなに活躍するなんてびっくり!
と、喜びの声が届くようになりました。

やっぱり。
この方法はクローゼットを蘇らせる。

今まで冴えないと思っていたものをもう一度好きになれる。

欲しいものは自分のクローゼットの中に、すでにあることにみんな気づける。

もっともっと、と外に求めなくていい。

私の半径5メートル以内の人だけでいい。

私の想いに共感している人だけにでも伝えたい。

そう熱い思いを伝えた時に先ほどの加来さんが「それってセレンディピティですね」と言ってくれたんです。

自分のクローゼットの中で予想外の素敵なものに出会う。

”Closet serendipity”

これをブログの名前にしました。

加来さん、素敵な名前をありがとうございます。

気づいていないだけで
みなさんのクローゼットにも
眠っているかもしれません。
見つけてあげてくださいね。

ファッションやクローゼット整理でお悩みの方

まずはファッションカウンセリングを受けてみませんか?

お申し込みはこちら

長部愛

毎日クローゼットを開けるのを楽しくなる人が一人でも増えれば良いなと思い活動しています。
プロフィールの詳細はこちら

シェアする

フォローする