洋服の素材気にしてる?自分に合った素材を知ると洋服選びが楽になりますよ

こんにちは。おさべあいです。

先日、春物ショッピングツアーでこんなことがありました。

「こういうワンピースかわいいな。似合うかな〜」とあるお客様が言いました。

それは白とブルーのストライプシャツワンピース。

ゆったりしたラインが今年らしいステキなワンピースでした。

わたしは「Mさんなら似合いそう!下にデニムで合わせると今年っぽいですよね」と言いました。

でもね、わたしはそこでハッとしたんです。

Mさんはたしかわたしと同じ性質だったはず・・・つまり面倒くさがりやさん。笑

なるべく楽したいタイプ。

「Mさん、これ綿100%だからアイロンがけ必須ですよ。できます??」と聞きました。

するとMさんは「ああああ、じゃあダメだわ^^; 洗濯してそのまま着たいもん。」と。

ですよね〜

そうおっしゃると思いました。

可愛い!とおもって買ったはいいけど着てみたら案外手入れが大変で着なくなった、なんてお洋服持っていませんか?

マメで丁寧に扱える方はいいんです。

アイロンがけ大好き!手洗い大好き!と言う方は問題ありません。

でもわたしはめんどくさいことは嫌いで、大雑把なものでそういう手間が苦手です。

わたしやMさんと同じタイプの方は、アイロンかけないと綺麗に着られないというものは避けた方が無難。(もちろん一目惚れ&ときめいてしまったら買ってくださいね!)

ストレスになるし、おそらく着なくなります。

わたしもそうだったし、お客様が着なくなった理由に「めんどくさい」というのはよく出てきます。

いくら気に入った洋服を買っても自分の生活や性格に合わないとタンスの肥やしになってしまう。

それではもったいないですよね。

Mさんの性質、座り仕事も多い仕事やライフスタイルを考えるとシワになりにくいものの方がおそらく合っている。

そう思いこんなご提案をしました。

「こっちのポリエステルが70%入ってるものの方がシワになりにくいから扱いが楽で、同じようなワンピースでも着やすいかもしれないですね」

すると「素材なんて気にしたこと無かった!重要なんだね〜」とMさんも一緒にいた他のお客様からも言われました。

そう!こういう小さなポイントが実は重要なんです。

『自分に合う』というのは洋服のデザインや色だけではなく、素材も大いに関係してきます。

とくに春夏は綿・麻など着心地の気持ちいい素材が多くなるけど、これらはシワになりやすいのでアイロンかけたりお洗濯に少々手間がかかる(場合がある)。

かといって、化学繊維は汗を吸わないし肌に合わない人も多いけれど、手入れは楽。

素材のばっくりとした特徴を押さえておけば、あとは自分がどんなポイントを大切にするかに従って選ぶだけ。

これからは素材にも注目してみてくださいね。

店員さんにも聞いてみましょう。

彼女たちは実際に着用して洗濯してます。

扱い方法や着心地をわかりやすく教えてくれるはずですよ〜

ファッションやクローゼット整理でお悩みの方

まずはファッションカウンセリングを受けてみませんか?

お申し込みはこちら

長部愛

毎日クローゼットを開けるのを楽しくなる人が一人でも増えれば良いなと思い活動しています。
プロフィールの詳細はこちら

シェアする

フォローする