洋服に悩んでいる人は無難なものを買うのをやめてみよう

こんにちは。
ファッションアドバイザー長部愛です。

先週、家族でスウェーデンのストックホルムへ。
とても心地よい空気を吸収し、
これから新しい道に進む決意が固まりました。

去年17年勤めたアパレル会社を辞めて
1年間夫と無職期間をのんびり過ごし
ようやく再スタートです。

以前の仕事は大好きでした。

販売職と部下育成と、
商品づくりにも関わらせてもらっていたし
忙しさも頼りにされている証拠と思って
やりがいを持ってやっていました。

でもいつからか
自分の中の空虚感が拭えなくなってきたのです。

「いつまで売るんだろう」
「いつまで拡大させるんだろう」
「いつまで同じことを続けるんだろう」

そう、私はもう疲れていました。
もっと売る、もっと増やす、もっともっと・・・
こんな毎日に。

自分の暮らし方もミニマムに切り替えていて
全然服を買わなくなっていたんです。

それでも変わらず毎日ファッションを楽しんでたので、もう知ってしまってたんです。
そんなに洋服を持たなくてもいいことを。

そして、それは
そんなに色々求めなくていい。
今あるものでシンプルに生きればいい。
という考え方にシフトするきっかけになったのです。

もっと!が悪いわけじゃなく
私がその方針に同意できなくなっただけです。
なので会社を卒業しました。
円満にね。

もうそんなに買わなくていいでしょ?
たくさん持ってるでしょ?
本当に気に入ったものだけを買えばいいですよ。
まずは持ってるものを大切に着ましょう。

そう大きな声で言える今は気持ちがいい!

服は少なくてもおしゃれはできる。
そんなのは私の好みであって、
押し付けるものではありません。

ただ、本当に気に入ったものを持つことの大切さを
ちゃんと知って欲しいのです。
値段の高さとか低さじゃなく。

アパレル業界はどこのお店に行っても
似たような商品ばかりで
どこで買っても同じ。
そんな風に言われることが多くなりました。

これはいろんな要因が絡まっているので
ここでは割愛しますが
買い手ができることは「ちゃんと考えて買うこと」

そんなに難しいことじゃありません。

誰かが着てるから。
誰かが良いって言ったから。
安いから。
無難だから。

そういう理由じゃなく、

本当に素敵と思うもの
自分がときめくものものに
アンテナを立てて欲しいのです。

最初はできなくても
訓練すれば大丈夫。

もっともっと!と色々と物欲を刺激するものが
世の中には溢れています。
その中から本当に自分が欲しいものを見つける。
安いものをたくさん買うよりは
高くても気に入った一着を買う。
それができると
多くを持たなくても不思議と満足感が出てきます。

そんな買い手が増えると
面白いデザインの服や
生地や縫製にこだわりを持った服やブランドが
生き残れるし、
選ぶ側ももっと面白くなるかもしれません。

その方が
さらにさらに
ファッションは楽しくなる!

せっかくこんな豊かな世界に生まれたんだから
私は感性豊かに生きていきたい。

だから、
今楽しめていない方がいたらお手伝いしたい。
毎日身につけるものにはエネルギーがありますからね。
一人ひとりが自分らしく装い、人生を楽しんで欲しい。
私はそう思っています。

ファッションやクローゼット整理でお悩みの方

まずはファッションカウンセリングを受けてみませんか?

お申し込みはこちら

長部愛

毎日クローゼットを開けるのを楽しくなる人が一人でも増えれば良いなと思い活動しています。
プロフィールの詳細はこちら

シェアする

フォローする