それ違くない?と言われるのが怖くてビクビクしてました。

こんにちは。長部愛です。

アイキャッチ画像は先日スウェーデン旅行の際に夫が撮ってくれたもの。

インスタにあげたら史上最高のいいねがついてびっくりでした!

かっこつけず力を入れすぎず発信したものの方が想いは伝わるものなのかもしれませんね。

ブログを作りながら
全然記事を書くことができなかったのは
批判が怖かったからなんです。

「そんなことわかりきってるよ」
「私の方がよく知ってるよ」
とか、同業者からの目が怖かった。

でもそれって私が自分でそう思いながら
他の方の活動を見ていたからなんですよね。

あの人より勝ってる、劣ってるとか
周りの人もそういう目で見るもんだと
勝手にビクビクしてた。
そう気づきました。

勝ち負けじゃないし、
万人にとっての100点満点の答えなんて書けない。
というより、そんなものないんだと思う。

まして経験や体験から見出したことであれば
正解も不正解もない。
人の数だけあること。

それを良しとするがどうかは受け取り手が
決めればいいんですから。

発信を学ぶ仲間たちと一緒に歩み始めて
自分の今までの人生をじっくり眺めてみて
仲間の人生に知ってみて
一つとして同じ人生は無い。

大した人生じゃないと思っているのは自分だけ。
全ての人の人生が一冊の本になるくらい
素晴らしい経験の連続なんだという
あたりまえのことに気づきました。

私が書けるのは
あくまでも私が経験の中で得た知識や感情だけ。

良いこと書こうとか
役に立てることを書こうとか
批判される隙を与えないようなこと書こうとしてたな。

そんなのもともと無理じゃん。笑
力みすぎ。
読む方が疲れるわっ!

私が書ける言葉は唯一のもの。
自分の人生の中から出てきた言葉しかない。
似たようなことは世の中に溢れてるだろうけど
それでいいんだよ。
唯一無二なのは自分と自分の人生だけだ。

そう思えたらフッと気持ちが軽くなりました。

批判は怖い。めっちゃ怖い。

でもね、それよりも今は
自分の中にあるものを全部全部ぜ〜んぶ
外に出しちゃいたい気分なのです。

かっこつけたがりだし
割と真面目なので硬くなりがちだけど
自分らしく自然とつらつらと書いていきますので、どうぞゆるくお付き合いくださいませ。

よろしくお願いいたします。

ファッションやクローゼット整理でお悩みの方

まずはファッションカウンセリングを受けてみませんか?

お申し込みはこちら

長部愛

毎日クローゼットを開けるのを楽しくなる人が一人でも増えれば良いなと思い活動しています。
プロフィールの詳細はこちら

シェアする

フォローする